銀行印に登録した印鑑がわからない場合の確認方法(三菱UFJ銀行の場合)

銀行口座の開設時に登録した銀行印(届出印)がどの印鑑がわからなくなってしまった場合は、以下を持参して銀行窓口に行くことで、確認してもらうことができます(三菱UFJ銀行の場合)。

  • 銀行印の可能性がある印鑑(複数持参してOK)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

確認は近所の支店でOK

三菱UFJ銀行の場合、確認したい口座の支店にわざわざ行かずとも、至近の支店で確認していただけました。例えば、青山支店の口座に登録した印鑑が不明になった場合、青山支店まで行く必要はなく、例えば近所の阿佐ヶ谷支店で確認ができます。

持参した印鑑がすべて違った場合

銀行印として登録した可能性のある印鑑を複数持参して窓口で確認してもらった結果、すべて違った場合は、印鑑を紛失したということにして、新しい印鑑を登録することができます。念のため、この準備もして窓口に行くと効率的です。

印鑑の登録に必要なものは以下です。

  • 通帳(Eco通帳(インターネット通帳)の場合はキャッシュカードを持参)
  • 新しく登録する印鑑(シヤチハタ印は不可)
  • 本人確認書類(運転免許証等)

新しい銀行印が有効になるタイミングは要確認

私の場合は、iDeCo を始めるにあたって某証券会社へ銀行印の提出が必要となったのですが、銀行印が不明となり、上記のような手続きを実際に行いました。

新しい銀行印はすぐにシステムに反映されるとのことでしたが、証券会社が確実に確認できるよう、念のため2〜3日経過してから新しい銀行印を提出した方がよい、と窓口で教えていただきました。

ただ、三菱UFJ銀行の公式サイトでは「10日~2週間ほどで、手続きが完了します。」とありましたので、手続きの仕方によって新しい銀行印が有効になるタイミングは異なるのかもしれません。急いでいる場合は、どれくらいで新しい銀行印が有効になるのか?は確認した方がよさそうです。

まとめ

  • 銀行印が不明になった場合は、可能性のある印鑑を複数持参して窓口で確認してもらう。
  • 持参した印鑑がすべて違った場合に備えて、印鑑の再登録の準備もしておくとよい。
  • 上記の場合、持参するものは以下。
    • 銀行印の可能性がある印鑑(複数持参してOK)
    • 通帳(Eco通帳(インターネット通帳)の場合はキャッシュカードを持参)
    • 新しく登録する印鑑(シヤチハタ印は不可)
    • 本人確認書類(運転免許証等)

三菱UFJ銀行のサイトには、「印鑑紛失・盗難」に関するページはあったのですが、印鑑が不明になった場合の情報はなかったため、地味ですが体験記としてまとめました。検索して調べている方のご参考になれば幸いです。

私の体験としては正確に書いていますが、いずれ手続きや必要な書類が変わることもあるかもしれません。心配な方は銀行までお問い合わせいただければと思います。

参考ページ

小規模企業共済の加入にあたり「受付印のある確定申告書の控え」が無い場合の対応方法

小規模企業共済の加入にあたり、個人事業主の場合は「確定申告書の控え(税務署の受付印があるもの)」が必要になります。

ただ、私は確定申告を郵送で行った際、押印された控えを返送していただくのを忘れてしまっていたため…対応方法を中小企業基盤整備機構に問い合わせました。続きを読む →

クリエイタースタジオの予約投稿にあるJayapuraは日本と同じタイムゾーン

キャプチャ画像 クリエイタースタジオ予約投稿画面

Facebook や Instagram の予約投稿ができる Facebook 社の公式ツール「クリエイタースタジオ」ですが、日時指定の投稿をしようとすると「 Asia/Jayapura 」という見慣れない表記があります。

予約時刻の近くにあるため、投稿する国のタイムゾーンのように見えてしまい、「これは日本時間なの…?」と疑問に思いました。テストした結果、「 Asia/Jayapura 」は日本時間と同義でした。指定した時間通りに、日本時間で投稿されます。

Jayapura と日本のタイムゾーンは同一

ちなみに「Jayapura(ジャヤプラ)」はインドネシアの都市で、調べたところ日本との時差は0時間、つまり同じタイムゾーンでした。だから問題なかったのですね。サマータイムもないようなので、夏でも時差は発生しないもようです。

画像 日本とジャヤプラのタイムゾーンを示す地図
Wikipediaの画像を元に作成
https://en.wikipedia.org/wiki/UTC%2B09:00#/media/File:Timezones2008_UTC+9_gray.png

私は日本のユーザーなので、できれば「 Asia/Japan 」と表示されて欲しいところです。インドネシアのFacebookユーザーはかなり多いと聞きますし、インドネシアの方が優先なのかな、と思ったり、思わなかったり。

予約投稿を設定して、もし日本時間と違う時刻に投稿されてしまうと問題のため、小さいことながら調査、検証しました。もし同じことで心配になった方がいらっしゃいましたら、参考になれば幸いです。

Bufferのデフォルトアカウントの設定ができなくなってしまったが…(2020年5月)

複数のソーシャルメディアアカウントを管理できるwebサービス「Buffer」が、2020年5月にリニューアルされました。このリニューアルにあたり、デフォルトアカウントを設定する機能が消えてしまいました。が、Bufferに問い合わせたところ、再び使えるようになりました。続きを読む →

メニエール病の悪化・再発防止を願ってお墓参りへ(フランス・モンパルナス墓地)

プロスペル・メニエールのお墓

フランス旅行へ行く際、昔からメニエール病を患っている家族からこんなことを言われた。

「フランスにメニエールさん(メニエール病の由来となっているフランス人医師)の墓地があるらしいから、お参りに行ってきて。笑」

家族が言うには、メニエール病に関する本に「メニエールの墓地を訪ねて以来、病気の再発はない。」と書いているコラムがあったのだそうだ。

私自身は願掛けにあまり興味はないものの、家族の症状が直近でだいぶ悪くなっていたこともあり、代理でお墓参りをして家族の気持ちが少しでも前向きになるなら…とお墓の場所を調べ、実際に訪ねることにした。続きを読む →

IIJmio(格安SIM)ユーザーが海外で現地SIMを使う場合の注意点と設定方法

IIJmio、LINEモバイル、楽天モバイル等、日本で格安SIMを使っている人が海外旅行をする際、旅行先の現地SIMを差し替えて使う場合に、少し設定が必要になる場合があります(差し替えてすぐに使えないことがあります)。

私は日本で格安SIMの「IIJmio」をSIMフリーの iPhone で利用していますが、イギリス旅行をした際に現地の SIM(「EE」という現地キャリアのもの)に差し替えてもすぐに利用できず、旅行初日にホテルでスマホと小一時間にらめっこ…という不毛な体験をしました。その教訓から学んだ設定手順を書き残しておきます。

ポイントとしては、格安SIMの設定ファイルである「構成プロファイル/APN(Access Point Name)」を削除しておく、というのが肝です。具体的には以下に書きます。続きを読む →

谷峨駅へSuica/PASMOで来てしまった場合の対処法(大野山登山での失敗談)

写真:JR谷峨駅のTOICA端末

先日、大野山への登山でJR御殿場線 谷峨駅を利用しましたが、Suica で来てしまったため駅で退場できないという失敗を犯しました(TOICAは対応しています)。対処法は、車掌さんに谷峨駅で降りた証明書をもらい、後でJRの有人窓口に行って精算する、ということになります。

同じ失敗をしていると思しき方を何人か見かけましたので、記事化しておきます。続きを読む →

QRコードの画像はFacebook/Instagram広告で使えない

タイトルで結論を書いていますが、Facebook/Instagram広告では、QRコードの画像を広告素材としては使えません(Facebook社サポートに問い合わせて確認)。

根拠は広告ポリシー「18. 存在しない機能」

根拠となるのは、Facebookの広告ポリシー「18. 存在しない機能」ということでした。

広告ポリシー「18. 存在しない機能」

上記ページでは以下のように定義されています。

ポリシー

広告に、存在しない機能を描写した画像を含めてはいけません。

画像:QRコードの例
QRコードの例

例としては以下があげられており、QRコードはこちらに該当する、とのことでした。

再生ボタン、お知らせの印、チェックボックスなど、広告の画像に描写されているが存在しない機能

上図のような再生ボタンはクリックしたくなる見せ方なので、やってしまう人はいるかもしれませんね。

本件は、クライアントから「QRコードを投稿したい」というご要望があり、それがFacebookおよびInstagramの投稿で広告設定する予定のものだったため、事前にFacebook社に問い合わせました。

内心、QRコードを広告素材として使うのはNGだろう…と推測していましたが、はっきりとNGとの回答を得ました。

なかなかないケースかもしれませんが、気になる方はこの世のどこかにいらっしゃるかもしれませんので、書き残しておきます。

さくらサーバーでWordPress 5.0の事前テストを行う方法(ステージングサーバーSnapupを利用)

本記事でできること

  • さくらサーバーでテスト環境(ステージングサーバー)をつくり、WordPress 5.xのアップデートで何が起こるか?を事前にチェックできる。
  • 事前にチェックして問題なければ、そのまま本番サイトに反映できる。
  • 本番サイトに反映後、もし問題に気づいたら元に戻すことができる。

続きを読む →

さくらサーバーでWordPress高速化サーバーへ乗り換える手順(2018年4月17日以前の契約ユーザーが対象)

さくらのレンタルサーバーではWordPress高速化の対応がとられていますが(従来比で最大16倍の高速化)、2018年4月17日以前に契約したユーザーは高速化されていません。2018年4月17日以前からさくらのレンタルサーバーを契約されている方は、さくらのレンタルサーバーを新たに契約し、サイトの引っ越し(移行)を行うことで、WordPressの高速化ができます(幸い優待クーポンが提供されています)。

今回は従来のさくらのレンタルサーバーから、高速化されたサーバーへの移行方法をまとめます。

ちなみにWordPressの移行には、「データベースの移行」という、慣れない方にはややとっつきにくい作業が伴いますが、今回はさくらのレンタルサーバーで標準搭載された「Snapup」というバックアップ&ステージング環境の機能を使い、データベースを直接触らずに移行する方法を使います。続きを読む →