「あたま」または「ATM」を使って生きる

昨年は眠っていた仕事が年始から目覚めはじめ、あわただしい日々に舞い戻っている今日このごろ。今日はブログネタを探す意味でも、昔の手帳を少し見返しました。

ふと目にとまったのが、2009年1月15日のメモ。

「あたま」を使って仕事をしよう、という内容です。これは今でもよく覚えていますが、会社の同僚から聞いたフレーズで、どういうわけか深い記憶として残っています。

「あたま」というのは、

「あ」あかるく、

「た」たのしく、

「ま」まえむきに。

という頭文字をとったものです。別名「ATM」。

2009年に聞いてからずっと覚えていたものの、その出典は調べていませんでした。

そういうわけで調べてみると、日本IBMの会長を勤めた北城恪太郎さんのモットーとして有名なようです。覚えやすくていいですね。

あたまを使う…実際に頭を使う思考も重要ですので、二重の意味で身に染み込ませたいですね。

ちなみに調べてみたら、村田興産という会社では「はげあたま」が提唱されていました。

経営理念「はげあたま」   村田興産株式会社

社長・・。

あたまを使うことも計画的に。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA