ワンコイン健康診断へ行くの巻

本日は朝から区の健康診断へ。

昨年はフリーランス2年目で少々あわただしくしていたこともあり、健康診断を受けないまま1年が過ぎてしまいました。会社員時代は自動的に健康診断のお知らせが来ていましたが、今や自分の意思で手続きをしないと受けられません。まさしく自己管理の世界です。

500円で受けられるということもあって、会社員時代の検診よりも簡易なものでした。主なメニューは以下の通り。

  • 問診票
  • 食事調査アンケート(妙に詳細な記述を求められる)
  • うつ傾向調査アンケート
  • 検尿
  • 身体測定(身長・体重・腰回り・胸囲)
  • 対面診察
  • 採血

会社員時代はあったレントゲンやX線などはなし。設備自体はあるようでしたので、年齢次第で受けるようになるのでしょうか。

私は身長の割に痩せ型で、いつも「痩せた?」と人に言われます。

本日の身体測定でも、担当のおばちゃんに笑われました。

「女性だったらモデル体型ね〜。」と。

ついでながら、

「珍しい苗字ですね。芸名ですか? 作家さん?」とか。

平日の朝っぱらから行ったからでしょうか。

引き続きデブエットが必要な私です。

さて、今回は基本的な健康診断を受けましたが、簡易なものでしたので、いわゆる人間ドックのようなものも受けた方がよいのかな…とも考え中です。

調べてみると、それなりのお値段。どれくらいの内容でチェックしてもらうかが悩みどころです。中にはアジア圏の有名病院へ人間ドックしに行く方もいらっしゃるようです。その方が実は安いのだとか。

ここ数年話題になるDNA検査のようなものも興味ありです。あくまでも傾向しかわからないと聞きますが、その検査結果を元に、人間ドックで受ける内容を検討してもいいのかもしれませんね。

自己管理が前提だと手がかかりますが、調べる中でいろいろな選択肢に気づけるのはおもしろいものです。

健康づくりは計画的に。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA