Google先生が特別扱いしてくれるかもしれない「構造化マークアップ」

かつてはセミナーのレポートを書くのも仕事だったふもぱん先生(他称)です。

書籍『現場のプロが教えるHTML+CSSコーディングの最新常識』発売記念イベントがある、というお誘いをいただいて渋谷はヒカリエ、株式会社ディー・エヌ・エー様のおしゃれな社食 Sakura Cafe に行って参りました。

前職で経営層向けにセミナー参加の報告を度々しており、そのノリでまとめだすと眠れなくなってしまいます。ひとまず、ピンポイントにメモ的記録です。

お品書きとしては、

  1. HTML+CSSコーディングを取り巻く環境の変化(大竹孔明さん)
  2. Webデザイナーに求められるHTML+CSSスキルセット(中江 亮さん)
  3. 実践! 構造化マークアップ(小川裕之さん)

の3本立て。

それぞれ25分という短い時間でしたので、ダイジェスト的な内容ではありました。率直に言って、つまり本を買えばよいのです。買いなさい。そして読みなさい。

強いて言うなら、「あ、そう言えば気になっていた。」というのが3番目の「実践! 構造化マークアップ」にある、「構造化マークアップ」というもの。

こちらは3年ほど前に、サイバーエージェントさんで行われた連続セミナーに参加した際に知り、気になっていたのでした。今さらながら、そのことを思い出したのです。

ざっくりまとめると、検索エンジンがWebページ内の情報を正確に理解できるように工夫する、というものです。一般的に言うSEO対策の中でも、少し踏み込んだ内容と言えるかもしれません。

何がよいのか? ざっくりまとめると、検索エンジンがWebページの内容を正確に理解できるようになり、場合によっては検索エンジンが特別扱いしてくれるようになる(かもしれない)工夫です。

今回のセミナーの資料ではありませんが、検索してみると以下スライドがありました。このスライドによると、ネットショップのクリック率が約5%改善したとのこと。

 

大手企業のサイトならともかく、個人サイトでやっているところは少ないんでは? と思い、少し調べてみましたが、かのイケダハヤトさんのサイトはなんと導入していました。さすがです。世界的にかなり売れている WordPress のテーマを調べてみると、普通に記述がありました。さすがです。

仕事上提案するとなると、また考えるべき点がいろいろ出てきてしまいますが、個人サイトでいずれテストしてみたい内容です。

学習と実験は計画的に。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です