積極的に頼る・主体的に学ぶ

昨年はどうも仕事を抱えすぎてしまいました。

年末年始の振り返りで何度も反省しましたが、やはり適度に余裕がないと、仕事に+α をするのが大変なのです。+α ができないと、次第に仕事はなくなっていってしまいます(フリーランス的・経済的には最もこわい)。

「仕事が多い」という状況は、短期的にはよい状態に見えます。ただ、そんな中でも自分を進歩させることにも時間を割かないと、その次はありません。2014年の自分の能力のまま、2015年を生きていくことはできないのです。

2015年は仮に何とかなったとしても、2016年、2017年と持ち越せるとは到底思えません。特に変化が早い Web の業界にあっては…。

幸か不幸か、昨年は「仕事が多い」の中に、まだ経験してことがなかった仕事が複数ありました。できるだけ仕事を選ばないようにした効用が、こんなところにあったのかな…と今になって思います。

とは言え、最近の重要テーマは「考えること」。

受動的に仕事から学ぶこと以外にも、主体的に自分で考えて、学んでいく姿勢を持たねば、と思う今日このごろです。

少しずつではありますが、幸い理解あるパートナーに仕事で頼ることを始められました。余裕を生み出すにはまだまだですが、引き続き模索していきたいところです。

そして、主体的な学びの候補も具体的に考えました。

言うは易し、ですが、Web を通して事業そのものを発展させていく手法を先達から学ぼうと計画中です。このことを実践しようとしたら、いよいよ人の力を借りなければいけませんね。意外にもコンボ案件でした。ががが、がんばらないと。

主体的な学びも計画的に。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です